子どもたちのために、私にできること。
2018/03/27(Tue)
皆さんこんにちは。
犯人逮捕の件では心をお寄せ頂きありがとうございました。
お客様などにとっては、年齢と性別だけで、犯人が誰だか分かってしまうくらいの人だったようで、なんだか他人事と思えず・・・この一週間は悪夢を見ることも多かったりと、被害を受けた時よりも心を痛めている毎日です。

聞くところによると、犯人は幼い頃より犯罪傾向のある子どもだったようです。
どうしたらその子を救うことができたのか、今現在、彼と同じような人生を歩もうとしている子どもたちを救うことができるのか、私にできることは何なのか、ずっと考えていました。

そんな中、今日、日本犯罪防止事業団の岩崎洋一さんをお招きし、ネコノテカフェにて防犯講座を行いました。
15220729660.jpeg
参加人数は少なかったですが、お茶会形式で和やかな雰囲気の中、とても内容の濃いお話をして下さいました。
私達に身近な犯罪を例に取り上げ、どうしたらそれを予防できるのか、自分たちにできることは何なのか、様々な側面から話し合いました。
地域のつながりを持つことや街をきれいに保つこと、何か気になることがあれば相談できる人を持つことなど・・・実例を挙げながらお話下さったので、「それなら私にもできる」と思えました。
本当にちょっとした心がけが、犯罪を犯す側にとっては嫌なことになるんですね。
防犯意識も高まり、気になる疑問点も解決し、皆さんもとても喜んでいました。

そして私が一番共感したのが、先生が行っている青パトでの地域の見守り活動です。
夜間たむろしている少年たちに怒るでもなく、心を寄せながら声をかける。もちろん向こうは最初は嫌がるそうですが、だんだん慣れてくると気軽に声をかけてくれるようになるそうです。
「ほっとする家があるならそんな時間に外にいないで帰るはず、帰る場所がないからそこにいる」
子どもたちを温かく見守るその姿勢にとても共感できました。
自分たちの存在を認めてくれて、悪い道に進もうとしている時にはきちんと叱ってくれる、そんな大人の存在が今回の犯人のような生き方を防ぐことができるのかな、と思いました。そして結局はそれが自分たちにふりかかる犯罪を少しでも防ぐことになるんですよね。

私にできること、それは子どもたちを温かく見守り、受け入れることなのかな、と思いました。
私にとって、子どもという存在は無条件にかわいいです。子どもを一人しか授かることのできなかった私ですので、その気持ちは尚更です。
どこのどんな子でも愛される権利があると思いますが、悲しいことに周囲から認められない子、また周りからの愛情を感じることができない子がいることは事実です。
ですので、私は子どもたちには愛のシャワーを浴びせようと思います。「あなたのことを気にしている大人がここにいるよ」そう発信することが、少しでも子どもたちの心の支えになればいいなと思います。
そして、できればそれを皆さんにもやって頂きたい。
みんなで子どもたちに声をかけて、目をかけて、温かい地域を作って行けたらいいな、そう思います。

今回の防犯講座、色んな意味でとても有意義な講座となりました。
先生、どうもありがとうございました!

15220731530.jpeg
写真は日曜日の小田原城です。まだ5分咲きというところでした。今週半ば頃がお花見にはぴったりかな?

15220732510.jpeg
我が家のむすめさんもこのまま真っすぐ育ってね!

ちなみに、今更ですが、ネコノテカフェ通信29号をホームページにアップしてあります。まだの方はご覧になってくださいね~。
スライド2


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
<<ネコノテカフェの春休み♪ | メイン | 犯人捕まりました>>
コメント
-  -
皆さまのお話を伺いながら、有意義な時間を持つことが出来ました。
ありがとうございました。(^-^;
2018/03/27 18:29  | URL | 岩﨑洋一 #-[ 編集]
-  -
こちらこそありがとうございました!
また機会がありましたらどうぞよろしくお願いします!
2018/03/27 18:43  | URL | ネコノテカフェ店長 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |