FC2ブログ
私の原点、涙涙の同窓会。
2018/10/31(Wed)
皆さんこんにちは。
同窓会帰りの店長です。
今回、2巡目成人式ということで、お休みまで頂いて行ってきました。
もう色々あって、泣いてしまうので、本当は私の胸のうちにしまっておきたいんですが、やっぱり皆さん気になっているようなので・・・。

とにかく、今回は涙、涙の同窓会でした。
(と、言っても泣いているのはほぼ私だけだったのですが。)
実家が10年以上前に引っ越しをしてしまったので、地元に足を踏み入れるのも10年以上ぶり。
懐かしい友達、先生の顔を見て、最初から涙腺ゆるみっぱなし。
友達が乾杯の言葉を言うだけでも泣いてました。
なんでしょうね、全てが幸せの涙です。
泣く度に幸せ感じていました。
と、いうと、なんだか普段の生活が相当不幸みたいですが違いますよ~。
普段が幸せだからこそ感じられる幸せだと思います。

中学校時代は私の原点です。
そして私の人生の原点とも言えるのがこちらの半田先生!
PA280086.jpg
やばい、この記事を書いているだけでもうるうるしてます。

私、中一までははっきり言って、本当に目的なく、ただ過ごしているだけのダメダメ中学生でした。
でも中二で半田先生が音楽の担当になり、つまり、部活の顧問になり、吹奏楽を基礎からやり直しさせられました。
最初は基礎練ばかりのメニューに本当に嫌気がさしていたのですが、時には怖いけど心から音楽を愛している先生の言う通りに頑張ると、不思議とみんなの演奏のレベルが上がっていくのです。
一人一人の力がつくと、合奏した時のハーモニーの素晴らしさ、みんなで演奏する喜びを感じるようになりました。

そして、それは合唱も同じでした。
「響け歌声 築け伝統」の声のもと、もともと盛んだった合唱に更に熱が入り、先生の熱心な指導の甲斐あって、次第にどのクラスも本当に素晴らしい音楽となって行きました。
私の出身中学は合唱コンクールが何と年に2回もあります。
それに加えて、新しく芸術科目が選択となり、音楽を選択した仲間だけでTBSの子ども音楽コンクールに出場しました。
県大会まで行くことができたのですが、直前になって、先生がお体のことで指揮を振れないこととなり、先生が主催者側と交渉してくれて生徒が指揮をするという特例措置で舞台に上がることができました。
先生がいないのは本当に心細かったですが、その時の歌声の素晴らしかったこと!
まさに、音楽。
音を奏でる楽しみをここで私は再認識したのです。

それからというもの私は将来音楽を仕事にしたいと明確に考えるようになり、高校も音楽を学べる高校を選びました。(片道2時間かけて通っていたんですよ)
そして、音楽だけでなくそれからの学校生活全てに気持ちが入るようになり、あの入学した当時のダメダメ中学生ではなく、生徒会長まで立候補するような超気合の入った生徒になってしまいました。
生徒会長は落選したのですが私の気合の入りように書記長という役柄を先生が作ってくれて、陰で会長を支えました。
その後も自分にできることを自分なりを努力して頑張る人生を送ってきたつもりですが、それは全て半田先生のおかげとも言えます。
先生がいなかったら今の自分はないと思います。
なので、本当に先生には感謝の想いしかありません。

そんな先生がわざわざ私たちの同窓会に来てくれたのです。
そして、そこには、その時一緒に頑張った仲間がいるのです。
それは涙腺もゆるみますよね。
あ~書きながらも泣いています。
何だかね~、いつまでも目の腫れがおさまらないですよ。
同窓会って良いですよね~。
そんな機会をくれた生徒会長のぴーちゃん、幹事のみんなにも本当に感謝です。

そして、楽しくて、朝の4時までみんなで飲んでいましたよ。
次の日もお仕事がお休みの友達とまた会って、久しぶりの地元を案内してもらいました。
変わっているところもあったけど、地元のほんわかした空気は変わっていなくて、また元気をもらいました。

同窓会では、みんなから「一番変わっていない」と言われました。
ちょっと複雑です。
だってとっても素敵な女性になっている友達もいるのに、中学から変わってないって・・・・。
まぁ、悪い方に変わり過ぎていて誰だか分からないとか言われるよりいいか、と思うことにします。
次はもう少し、きれいになったとか言われたいなぁ~と密かに思っている私です。
また次回みんなに会うのを楽しみに頑張りたいですね。
ずっと連絡を取っていなかった友達と連絡を取れるようになったので、交流も楽しみにしています。
みんな!遠いけどネコノテに遊びに来てね~!
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<想いを行動にすれば。 | メイン | 150回記念歌声喫茶&ハロウィンパーティー!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |